檄辛カレー2 - グルメ掲示板&口コミ情報

【30秒バージョン】
<font size=1>FLASHのプラグインをダウンロードしてください</font>
(18禁)日本最大級の会員数を誇る本物の出会い!ハッピーメール
グルメ掲示板&口コミ情報 ホーム » スポンサー広告 » カレー » 檄辛カレー2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

檄辛カレー2

湯島デリーカシミールはベリベリホットにすると、大辛以上極辛未満くらいはいくんじゃないかな。
すくなくとも、江戸川橋マラバールのチキンジャイプーリが平気になるぞ。

カシミールも心の100同様、
そんなに辛くなく、大沢中辛と大辛の間位のフツーの激辛だと思う。

デリーのカシベリベリホでも大辛未満
カシのノーマル~ベリホ~ベリベリホは全て大辛未満
でも中辛よりは全て辛いな



ココイチのレベル

<50辛くらい>
(汗が大量、胃が熱いまたは痛くなる、次の日出口大変)
・大沢食堂:極辛
・マジックスパイス:アクエリアス
・勝勝(尼崎):キングオブキング100倍

<20~30辛くらい>
(汗がでる、胃はほかほかするが短時間で解消、次の日の出口はちょっと暖かい)
・マジックスパイス:虚空200
・エチオピア:70倍
・勝勝(尼崎):キングオブキング50倍
・大沢食堂:大辛

<10辛~20辛くらい>
(汗微量、次の日はなんともなし)
・リトルスプーン:ファイヤードラゴ
・辛口料理ハチ(大阪)→ 最近ぬるくなって10辛に満たないこと多い

<10辛未満>
(汗も出ねえ)
・デリー:カシミール
・南蛮亭(大阪):チキンカレー白抜き
・LEE30倍+増強ソース(レトルト)




辛さによるダメージって
量にもよるからねえ。
1ccあたりの辛さ×量みたいな。
単位量当りの辛さなら俺は大沢極だな。
アクエリアスは辛さはたいしたこと無いけど、量でクる感じだった。
具は多いけど、汁が多いことは無いな。

今日勝勝でレッドの大盛食ってきた
kk100の特盛が最終目標のわしとしては、今日はkk50の大盛を注文するつもりだったのが
直前に自制心が働いて上記のとおりに…だが正解だった
一度kk100完食したからといってレッドを侮ってはいけない
日頃からホットソース(毒蛇)で鍛練は怠っていないつもりだが、
あの“熱さ”は勝勝独特のものだ。中盤以後かなり厳しかった
ただ、直に見たラーメン丼はjpgで見た印象よりは小ぶりに思えた
食後に涙目で「これ何㌘あるの」と店員さんに質したところ、
「うーん、うちは器で測ってますので何とも…」という回答だった
わしの感覚では350ぐらいかな。400はない

ウィッチェの107倍、ビーフトッピングで食べてきた。
なんで107なんていう半端な数字なのかと思っていたが、
店員のお兄さんはこれを「テンナナ」と発音しており、どうやら店の所在地である天七にかけているようだ。
一口目から軽い酸味と、苦味とも辛味とも判別しかねる”じん”という刺激があった。
「洞魔麗;からしどんぶり10倍」「大沢食堂;極辛」「リトルスプーン;ファイヤードラゴ」 
を食ったときも同じ刺激を感じたのだが、もしかしたらこれがホットソース系の成分なのかもしれない。
(ハチや勝勝では感じなかった)
食ってる最中の辛さは、気合の入ったハチくらいで、正直拍子抜けがした。
すっかり楽勝気分で、わざと念入りにかんだり、口の中でじっくり滞留させたりしていたら、
完食直前で口内が急速に熱くなり、頭頂より汗が滲みだしてきた。
しかし問題はこの後。
店を出た後、数分後に胃がぎりぎりと猛烈に痛くなった。
地下鉄のホームの売店で買った牛乳を飲み、3分ほど椅子に座っていると嘘のように引いていったが、
辛いモノ食ってこれだけ胃痛がしたのは洞魔麗からしどんぶり10倍、大沢極辛の初回以来の体験だ。
連日の深酒のせいで胃が弱っていたのかもしれない。
ベースのカレーは、個人的に好きな”糖分の甘さが少ない”タイプだと思うので、普通の辛さを一度食ってみたいと思った。
ただ、ビーフトッピングは多いに不満である。
写真ではミンガスの”厚切りビーフ”のようにたっぷり乗っているのだが、実際はコロコロっとした肉が数個。
それもぱさついていて美味くない。
これで300円とるのはいかんだろう。

大阪駅前第二ビルのB2Fに最近OPENしたらしいカレースタンド、「辛口カレー ムーラン」
にいってみた。
予想以上に辛くてよかったよ。味はそこそこ。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://gurumekeijibann.blog64.fc2.com/tb.php/122-0eed48d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。